車を高く売るのにはいくつかポイントがあるんだけど、中でも有名なのがボディカラーなんだよね。
中古車の市場はとかく需要が重視されちゃうんだ。
なので、市場として人気の高い低いがとても重視されると言っていい。
だけど、単純に人気のある車種だから高く売れる、というワケでもないのが中古車業界ってモンなのさ。
人気の車種なのに、ボディカラーによってはかなり査定の影響を受けてしまうケースもあるんだよね。
それこそ数万円や数十万円って単位で査定が違ってくるので、どれだけ大事かは言わなくても分かるだろう。

人気のボディカラー

では、どんなボディカラーが人気なのかって言うと、基本的にはオーソドックスな色だと思ってくれていいね。
最も高い人気を誇っているのがシルバーで、次にブラックやシルバーなんかがくるんだ。
街中を走っている車のボディカラーを見ると、大抵はこの色の車だから納得のいく話だと思う。
この3色については、どんな車種であっても高値で査定されることが多いので、購入する時に覚えておくと良いね。
もし、特に気に入った色がないなんて言うのなら、無難なこの3色から選んでおくと、買取をしてもらう時には有利になるよ。

パールカラーは人気が高い

ホワイト、ブラック、シルバーの3色だけが高額査定になるのかと言えば、実はそうでもないんだよね。
実は車種によって好まれるボディカラーってのが多くあるんだ。
最近の車に多いのがパール加工されているカラーなんだけど、この色は地味に高い人気を誇っているんだよね。
同じホワイトでも、パールホワイトと通常のホワイトでは査定額が違ってくるくらいだから、ちょっと気をつけておくと良いだろう。
他にも、特別限定色などのようなボディカラーも人気があるんだよね。
このタイプのこのモデルにしかない限定色なんかだと、希少価値もあってか高値で買取してくれることが多い。
車種のイメージによるボディカラーってのもあって、例えば高級スポーツカーの代名詞のフェラーリなんかだとレッドをイメージする人が多いよね。
つまり、フェラーリだとホワイトなんかよりもレッドの方がイメージ通りで、人気が高く、査定額もアップするんだ。
ちなみに、国産車ならレガシーのパープル、インプレッサのブルーなんかも有名だよ。