中古車を購入しようとして、実際の請求金額をみると驚いちゃうってことあるよね。
確か、車のところには何十万円って値札が出てたはずなのに、なんでこんなに増えてるのって話だ。
車って実は本体の費用だけじゃなくて、他にもかかるお金があるんだよね。
そうしたお金のことを諸経費って言うんだ。

販売店によっては諸経費もコミコミでいくらと表示しているところもあるし、コミコミいくらと書いてあっても細かい諸経費が発生することもあるから、事前にしっかりと確認しておくのがポイントだよ。

じゃあ実際にどんなお金が諸経費としてされるのか知っておこうか。

諸経費の内訳

法定手数料と販売店独自の手数料

一度でも中古車購入をした経験がある人なら知っているだろうけど、実は諸経費には法定手数料と販売店独自の手数料の2つがあるんだよね。
このうち、法定手数料っていうのは国が定めている手数料のことで、どこの販売店で中古車を購入しても必ず請求されちゃう。
あと、この法定手数料については絶対に値引きもしてもらえないんだ。
なんでかって言うと、国が決めたものだから、一種の税金みたいなもんだと考えた方が良いかもしれないね。

値引き交渉はは手数料を攻める

で、値引き交渉できる諸経費にあたるのが、販売手が独自で決めている手数料ね。

例えばなんだけど、登録や車庫証明にかかる手数料だったり、納車にかかる費用だったりがここに該当するんだ。
ただし、中古車を購入した場合、必ず陸運局で登録をしないとダメなんだけど、この手続にかかる費用は基本的に値引きができないと言っていいね。
比較的に値引きしてもらいやすいのが車庫証明にかかる費用かな。

代行料としてはそんなに高くないものなんだけど、自分でも簡単にできるものなので、諸経費を安くしたいのなら車庫証明は自分でとってみると良いね。
もう1つ値引きしてもらいやすいのが納車にかかる費用なんだ。

自宅や保管場所まで納車してもらうための費用なんだけど、自分で取りに行くと当然経費が発生しないワケ。
こっちもあんまり諸経費の枠としては大きくないんだけど、簡単に節約できる経費なんで覚えておこう。