IMG_0808[1]私が売った車は、トヨタ・ヴェロッサ。(ヴェロッサVR25 2001年式)
この車はマークⅡをベースにデザインをアレンジしたクルマでレア車として中古車市場で意外と人気の車種です。
私が所持していたVR25グレードはターボタイプの高出力グレードとなり、特に一部のマニアに人気がありました。

パワフルなエンジンとやや固めの足回り、個性的なデザインが好きで3年程所有しました。
売却の理由は、気に入っていましたが、税金や燃料費など維持費が掛かる車であったため、費用的な問題が理由です。

買取してもらった業者はガリバーです。

それまでガリバーを利用したことはありませんでしたが、大手業者複数社に見積もり依頼を出し、簡易見積もりの価格が最も良かったのがガリバーであったのでここに決めました。
またその後、現物を査定して貰い正式な見積もり価格を提示されましたが、この価格も満足できる額であったため結果、売却に至りました。

スタッフの印象はとても良かったです。
希少車であったのでそこを十分評価されるかが不安でしたが、査定では良い点はしっかりと評価してくれ、悪い点も納得できる理由を明確にして説明してくれました。
私は車売買の知識、経験についてはそれなりに明るいのですが、そんな私から見ても、単に安く買い取ろうとしてるのではなく、正当な評価を第一にしている印象を受けました。
またとにかく買い取らせてくれではなく、出来れば買い取りたいといった姿勢であったのも好印象で話を進め易かったです。

燃費性能や維持費を重視

ヴェロッサを下取りに出し、新しく購入したのはトヨタ・アクアです。

燃費性能や維持費を重視して選びました。

この車はハイブリッドコンパクトカーで、ヴェロッサと比べると恐ろしいほど燃費が良く、小型で使い勝手も良いので以前と比べるとかなり便利です。
デザインも飽きのこない感じで気に入っています。
ただパワーや走行性能の面では、ヴェロッサと比べるとかなり大人しくやや面白み味に欠ける部分はあります。

選択肢を広げる事が大切

車の市場価格は常々変動しているもので、同じ買取業者であっても、条件が良い時もあれば悪い時もあります。ですので車の売買を行う場合は、この業者が良い悪いと一括りに決め付けず、売買の都度いくつかの業者に見積もり依頼を出すなどして選択肢を広げる事が大切だと思います。